貴社が敢えてオンラインではなくリアルで面接を行うのはどうしてですか?

本日の読売新聞16面より。
https://www.yomiuri.co.jp/life/digilife/feature/20200620-OYT1T50254/

新卒採用において、敢えてリアル面接を行う会社もあるよ、という内容です。

テレワーク全盛の現在において、敢えて出社させる会社が、伊藤忠商事や商船三井のように徐々に増えています。

これは経営層の思想が現れたためです。

しかし、1次面接からリアル面接を行う会社は、もっともらしい理由を付けているのですが、採用担当者のITスキルが圧倒的に低いことが本当の理由であるケースが非常に多い。

これはWEB会社説明会のクオリティを見れば、ある程度の見当はつきますね。

そうしますと、就活生(求職者)から見ますと、「この会社、バカだ!」と敬遠され、あなたの会社へ絶対に応募しなくなります。

「ウチの会社は良い会社だよ!」と自社の採用広報のクオリティが、採用活動の成否を決定づけます。

これはリーマンショックの直後から薄く言われていました。

これがコロナ禍によって、「本当に大事だ!」と日本中がビックリして、採用広報のクオリティを上げる作業を慌てて始めた感じがしています。

これはどうにかしないといけない。

WEBとリアルを上手に融合して、採用活動を成功させる方法や事例を弊社はたくさん持っているので、今後もどんどん広めていきますよ!

 
 
 
 
弊社の採用活動コンサルティング事業  
http://www.consuls.co.jp/recruit/

弊社主催の採用活動のノウハウを伝えるセミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/saiyosem/

経営者向けの成功する採用戦略セミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/keieisem/

株式会社コンサルズのホームページ
http://www.consuls.co.jp/