コロナ禍で採用活動が失敗している大きな理由

本日の日本経済新聞10面より。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62942510R20C20A8FFN000/

2021年卒採用において、未だに入社確定がゼロだという企業が全体の約36%だそうです。

記事では中小企業が顕著だと挙げていますが、大手企業もひどい。

世界2位の国内超大手食品メーカーも「日本人学生の採用は難しい」と言っており、日本人の採用ができなかった分をアメリカ人やシンガポール人の学生に廻そうとしています。

これが起きる理由は2つあります。

ひとつめは、日本人学生が会社を選り好みしすぎているためです。

イオンとビックカメラで売られている商品を扱っている会社しか選択していないため、こういうことが起きるのです。マイナビとかリクナビを見れば、今でも募集をしている業界大手の会社は、たくさんありますね。

そこのところは私もどうにかしたい。

ふたつめは、新卒採用を行う企業の情報発信能力が圧倒的に劣っているためです。

新型コロナウイルスの影響でリアルでの会社説明会や合同企業説明会、学校への営業活動ができなくなりました。

よって、WEBから情報発信が唯一の手段であり、非常に重要になっています。

自社の採用サイトのデザイン、ナビサイトのコピー文章、YouTubeやTwitterなどを使って、就活生に対してわかりやすく発信できていない企業はどんな大手企業でもダメですね。

ナビサイトのコピー文章とYouTubeは、弊社は成功パターンを知っています。

よって、「マイナビでこのようにコピーを書くと、貴社が欲しいと思っている学生からの応募が来ますよ」といった感じの話を頻繁にしていますよ。

 
 
 
 
弊社の採用活動コンサルティング事業  
http://www.consuls.co.jp/recruit/

弊社主催の採用活動のノウハウを伝えるセミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/saiyosem/

経営者向けの成功する採用戦略セミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/keieisem/

株式会社コンサルズのホームページ
http://www.consuls.co.jp/