ソフトバンクの新卒採用担当者が語るAI選考の良いところ

本日の日経産業新聞15面より。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO42049310V00C19A3000000/

ソフトバンクの新卒採用担当者のインタビュー記事です。

SPI、エントリーシート、面接の選考をAIで行っており、工数を75%くらい削減できているそうです。

エントリーシートや面接をAIで行うことに否定的な方が多く居られますが、私は賛成派です。

その理由は、通過する基準をクリアできていれば、誰でも通過できるためです。

エントリーシートや面接を人間が判断すると、「担当者の疲労」と「就活生の雰囲気」に惑わされてしまうため、公平な判断ができません。

AIはその2つから惑わされることが絶対にないため、公平な判断ができます。

さらには、サーバーが全部実行してくれるため、工数を圧倒的に削減でき、担当者自身は学校への営業活動や自社の会社説明会、内定者のフォローにより注力しやすくなります。

非常に素晴らしい。

ここで企業の方に言いたいことは、AIによる選考は、工数を圧倒的に削減できる素晴らしいツールです。

導入を検討してみる価値はあります!

ここで最も重要なのは、自社の採用基準です。

あなたの会社にとって本当に必要な人材は、どんな性格でどんな能力を持ち、どんな行動履歴があるのか。

これらを明確に示すことができないと、AIの選考を導入しても、採用活動は絶対に失敗するよ!

そこのところは、採用活動の重要な根幹になるため、就活生に対しても、企業に対しても、私は頻繁にいろいろな場所で話しています!

 
 
 
 
弊社の採用活動コンサルティング事業  
http://www.consuls.co.jp/recruit/

弊社主催の採用活動のノウハウを伝えるセミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/saiyosem/

経営者向けの成功する採用戦略セミナーのご案内は、下のURLをクリックしてくださいませ。
http://www.consuls.co.jp/keieisem/

株式会社コンサルズのホームページ
http://www.consuls.co.jp/